いつか復活するぜ!
音楽ブログの総決算的な記事です
音楽というか人生において総決算かもしれません

「歌詞」というものの魅力に、ようやく気付きはじめました。
歌詞は、ある固定の意味を持たなくてもいいということ。
つまり聞く側がその歌詞をどう受け取ってもいいということ。
そもそも音楽というのは製作者が一方通行的に広めるのが普通なので、
様々な受け取られ方をするのも、当然といえば当然、だね

御託は置いといて、
今の自分の心に響いてる歌詞を、いくらか引用します。普通のブログだね




まず

素っ裸で捕まり
死刑はねーじゃん

 ─ 電気グルーヴ / 「誰だ!」より

あれ、これ最近のブログでも書いた気がするな、どうでもいいかな、
とにかくこの歌詞のセンセーショナルかつアバンギャルドっぷりは怒髪天です
結局何したって、いや何したってってわけじゃないけど、
死刑にならない範囲のことでの失敗なんかくよくよすんなよってことなんです
気にしたってしょうがないし、それはなるようになるんだから
ただそういう”失敗”で何が一番怖いかって、人の信頼を失うことなんだろうね
幸い私にある信頼は両親ぐらいですので、あとはその両親の信頼すら・・・あばばばば、おぼぼぼ
いや本来はこんな暗い考えをイメージして作られた歌詞じゃないんだろうな、わかる


つぎに
今日は無事に迎えられるか 明日

 ─ Microphone Pager / 改正開始08より

伝説的HIPHOPグループ「マイクロフォンペイジャー」が2009年に復活した際の1曲
が、この歌詞、実はペイジャーによるものではなくて客演のD.Oによるもの
D.Oといえば「いいぜメーン!」で一躍有名になったような、なってないようなの人
まあこの歌詞に深い意味は、なさそうでありそうで、実際深い意味になったんですが、
「今日」なのに「明日」が来るかどうか不安だっていう理由、その意味、わかりますか
眠れないね、朝早くから、来るかもしれないからね



そんで次
君はきっと 君が思うよりずっと愛されている

 ─ 石田ショーキチ / Love your lifeより

人は愛されてるんだってことを強調した歌詞、曲。
愛されてることを自覚すれば、責任感もより強く、なるんだろうなあ。
逆に言えば、その愛ってのがメチャクチャ負担になるというか、重荷になることも、あるよね
もう結局たどり着いた結論は、もう愛さなくていいから放っておいてくれってことなんだけど




こんな感じで、歌詞ってのはパッと見た瞬間に何かインスピレーションが生まれたり、生まれなかったり
そこに面白さを感じるのもアリだし、歌詞を一部ではなく全体で見てその文面のままとらえるのも、いいかもね、
こういうネタだったらいくらでも書けそうだけど、今はこの3つの歌詞が、全てかなあ、

あと2ヶ月ぐらいは
  11:16  | MUSIC | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.2690|BM Genre : ブログ > つぶやき
 
 
 
 
 
 

 
 
チートペン入手

DSCF7568.jpg


これでさあ・・これでさ・・・
なんかいろいろ・・・あっ、密室的なアレのトリック的なアレのネタに、なりそうですね

私はひとりカラオケをこよなく愛す旅人です
ですが目的地はないので死ぬまで彷徨うらしいです

曲目

ライジングボール / ユニコーン
頼みたいぜ / ユニコーン
悩んで学んで / 奥田民生
コアラの街 / 奥田民生
MADONNA de R. / 奥田民生
デジタルスープ / ユニコーン
ニッポンへ行くの巻 / ユニコーン
奥田民生メドレー ~さすらう民に捧ぐ~ / 奥田民生
青春 / 奥田民生
最強のこれから / 奥田民生
PTA ~光のネットワーク~ / ユニコーン
CSA / ユニコーン
キミトデカケタ / ユニコーン
開店休業 / ユニコーン
スターな男《生演奏》 / ユニコーン
裸の太陽 / ユニコーン
HELLO / ユニコーン
暗黒の闇 / 奥田民生
えんえんととんでいく / 奥田民生
音のない音 / 奥田民生
ペケペケ / ユニコーン
ライジングボール / ユニコーン
線路は続かない / 奥田民生
プライマル / 奥田民生
歯 / 奥田民生
ときめきファンタジーIII / 奥田民生
わかります / 奥田民生
奥田民生愛のテーマ / 奥田民生
サウンド・オブ・ミュージック / 奥田民生
アーリーサマー / 奥田民生
フェスティバル / 奥田民生
マシマロ(ック) / 奥田民生
WAO!《本人映像》 / ユニコーン
サプリメン / 奥田民生
ライオンはトラより美しい / 奥田民生
愛する人よ / 奥田民生
最後のニュース / 奥田民生
恋のかけら / 奥田民生
遺言 / 奥田民生
人の息子 / 奥田民生
御免ライダー / 奥田民生
リー! リー! リー!〈全英語詞〉 / 奥田民生
RL / 奥田民生
And I Love Car / 奥田民生
カヌー / 奥田民生
KYAISUIYOKUMASTER / 奥田民生
KING of KIN / 奥田民生
近未来 / 奥田民生
サーキットの娘 / 奥田民生
スカイウォーカー / 奥田民生
月を超えろ / 奥田民生
トロフィー / 奥田民生
股旅 ―ジョンと― / 奥田民生
何と言う / 奥田民生
花になる / 奥田民生
スタウダマイヤー / 奥田民生
ヘヘヘイ / 奥田民生
家に帰れば / 奥田民生
フーガ / ユニコーン
すばらしい日々《生演奏》 / ユニコーン
働く男 / ユニコーン
ひまわり / ユニコーン
音楽家と政治家と地球と犬 / ユニコーン
命果てるまで / ユニコーン
SAMURAI 5 / ユニコーン
大迷惑《本人映像》 / ユニコーン
アニ FEVER / スチャダラパー
No.9 / スチャダラパー
ゲームボーイズ / スチャダラパー
Twilight / 電気グルーヴ×スチャダラパー
YOUR LIFE -撃墜王の孤独- 〈mirage version〉 / SCUDELIA ELECTRO
るんるんりる らんらんらら / 小林ゆう
またあした / 遠藤正明
Still / TOKYO No.1 SOUL SET



74曲(最初のライジングボールは全国採点にしてなくて中断したけど)、また更新、
しかも開店してから1時間30分後に入ったので、開店と同時に入ったならば…
だいたい1曲4分とすると…22曲!22曲は、うたえます
短い曲を詰め込んだら100曲も夢じゃない!そうワクワクしながら、
民生とユニコーンを満喫した喉をカリン入りののど飴で、ホイミ、いや、ベホイミ、

ボイスケアのど飴」買えばよかったなあ。なかったなあ。
なかったら、かえないなあ。そういうせつりだなあ
  21:54  | そうだね | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.2396|BM Genre : ブログ > 今日のブログ
 
 
 
 

 
 
はーーーーーい

喉はカラカラです。

only my railgun fripSide
TOWN-0 PHASE-5 平沢進
ナーシサス次元から来た人 平沢進
Shangri-La〈Y.Sunahara 2009 Remodel〉 電気グルーヴ
虹〈Short Cut Mix〉 電気グルーヴ
GOOD MUSIC KICK THE CAN CREW
自由TIME KICK THE CAN CREW
From 喜怒哀楽 スチャダラパー
B-BOYブンガク スチャダラパー
南極物語 スチャダラパー
The Late Show スチャダラパー
アーバン文法 スチャダラパー
Good Old Future スチャダラパー
ラストヴァース RHYMESTER
ONCE AGAIN RHYMESTER
4'13” RHYMESTER
AIR CONDITIONER RIP SLYME
Tones RIP SLYME
Twilight RIP SLYME
マタ逢ウ日マデ〈2010~冨田流~〉 RIP SLYME
まるかいて地球 イタリア(CV:浪川大輔)
はたふってパレード イタリア(CV:浪川大輔)
私はアイドル 星井美希・天海春香・如月千早
Seth 石田ショーキチ
GOOD BYE NAUTILUS/さよならノーチラス号 SCUDELIA ELECTRO
edisonden 電気グルーヴ
誰だ!〈RADIO EDIT〉 電気グルーヴ
ポケット カウボーイ 電気グルーヴ
From 喜怒哀楽 スチャダラパー
惚れたぜ Harajuku《本人映像》 アルファ&スチャダラパー
トリオ ザ キャップス 改 スチャダラパー
MOONLIGHT DISTRICT スチャダラパー
そ・れ・ば・な スチャダラパー
ハイタッチ!〈2009〉 サトシ(松本梨香)&ヒカリ(豊口めぐみ)
迷子犬と雨のビート ASIAN KUNG-FU GENERATION
神様のいうとおり いしわたり淳治&砂原良徳+やくしまるえつこ
Cold Edge 9mm Parabellum Bullet
Finder 9mm Parabellum Bullet
哀愁の金曜日 奥田民生
野ばら 奥田民生
And I Love Car 奥田民生
恋愛サーキュレーション 千石撫子(花澤香菜)
YOUR LIFE -撃墜王の孤独- SCUDELIA ELECTRO
LET IT FLOW AGAIN スチャダラパー feat.ロボ宙
UNDER THE SUN RIP SLYME
UNDERLINE NO.5 RIP SLYME
SCAR RIP SLYME
神様のいうとおり いしわたり淳治&砂原良徳+やくしまるえつこ
モノノケダンス 電気グルーヴ
Volcanic Drumbeats 電気グルーヴ
リスペクト RHYMESTER featuring ラッパ我リヤ
BIG PARTY ラッパ我リヤ
TIME TO GO RIP SLYME
Watch out! RIP SLYME feat.JUNGLIST YOUTHS
ラヴぃ リップスライムとくるり
ナイトライダー〈QURULI ver.〉 くるりとリップスライム
夢にエール!パティシエール♪ 五條真由美
レトロメモリー capsule
神様のいうとおり いしわたり淳治&砂原良徳+やくしまるえつこ
Long Kiss Good Bye HALCALI
24時 ASIAN KUNG-FU GENERATION
ブルートレイン ASIAN KUNG-FU GENERATION
ロードムービー ASIAN KUNG-FU GENERATION
太陽道路 SCUDELIA ELECTRO
シャラ・ラ SCUDELIA ELECTRO
ROCKET RIDE〈HARDCORE MIX〉 SCUDELIA ELECTRO
MASTERMIND DJ HASEBE feat.ZEEBRA/mummy-D
ザビエル 3800 DJ HASEBE/キエるマキュウ/sugar soul
ワンモア! 南春香/南夏奈/南千秋
空想ルンバ 大槻ケンヂと絶望少女達
ドッチ~ニョ? モーモーミルクとアラキさん
勇気のでる歌 Serani Poji




ヒトカラフライデー(サースデー)開幕です。
(前回は4月だったようです

こうやって書くと多そうにも見えますが、
実は前回より少ないか同じぐらいか、
8時まで歌うこともできたんですが
これまた何かの運命か、4月のときと同じくポケモンがあるから途中で帰宅、くやまれる、

でももう喉が元から調子悪かったんで(たたき起こされて)
ちょっと不本意なものとなりましたが、
イロモノの曲ばっか歌えるカラオケには心が解放されたような気がしてなによりです、
喉、つぶれたかなーっておもったけどまだいけます。
腹から声を出そう!



金曜日は忙しいぞ!
(現実逃避でした)
  20:15  | MUSIC | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.2052|BM Genre : ブログ >
 
 
 
 
 
 

 
 
カラオケで歌いたいけどJOYSOUNDにない曲をまとめてみます、
まとめないと、自分で、思い出せないので、
それと共感してくれる人は、それはそれで。乙じゃん。

JOYSOUND検索
http://joysound.com/ex/index.htm
右上検索フォームより


配信済になったものには
(←配信済)
とつけていこうと、おもいます、


akeboshi
 - Diamond Dust

capsule
 - 粉雪
 - ウダガワフライデー(←今更ですがブログタイトルの由来)
 - Ocean Blue Sky Orange

HALCALI
 - フェスでウィッス!

Maboroshi
 - Mr.Yesterday
 - ワンモアヴァース

RHYMESTER
 - K.U.F.U.
 - ちょうどいい
 - ビッグ・ウェンズデー feat.MAKI THE MAGIC
 - リスペクト feat.Rappagariya

Scha Dara Parr
 - MORE FUN-KEY WORD
 - CHECK THE WORD
 - Under the sun
 - ベカラズ
 - ソング オブ ザ ヒル
 - J&R(饒舌&冷静)
 - トリプルショット
 - 転が・・
 - アーバン文法
 - Shadows Of The Empire
 - ドリジナルコンセプト
 - T2RP
 - MoYA

Scudelia Electro
 - ミラージュ
 - THE SUN GOES DOWN
 - 楽園
 - 霧雨
 - 太陽道路
 - 静かの海
 - ELECTROCKS
 - 一万マイルの彼方へ
 - 君の後ろにも?
 - ラヴ・ドロイド
 - ハロー・センチメンタル・パンクス

Serani Poji
 - 15秒
 - ラビットパニック
 - 夜の喫茶店

SHOKICHI ISHIDA
 - Love your life
 - スカイウォーカーチルドレン
 - Fruit in season
 - 砂の城

others
 - 夢にエール!パティシエール♪(←配信済)
 - take★back

ざっと、みてみると、カラオケってまだ発展途上なのかな、と、おもったり。

とりあえずこのページを左のメニューからリンク貼っとこ
  20:08  | MUSIC | Comment:2 | Trackback:0 | Top
No.1870|BM Genre : ブログ > ちょっと聞いて
 
 
 
 
 
 

 
 
じゃあ
総決算
しましょうよ。

生憎にも今週のFC2のトラックバックテーマが「第877回 「ベスト・オブ・ミュージック2009!」」なのですが
それとはまた別のベクトルで。

ナゼナラ
昨年通り、「2009年に聞いたアルバム・シングルのベスト、なのだからっ!!!」なのだから。
ま、そういう説明はさておき、さっさと書きましょう。書き始めたら2時間くらいかかるのだから(本当)






と、その前に
今回は色々メモ帳にノミネートしすぎたので
ランク外から。

・FLASH BEST(capsule)/09.08.26
 …ベストアルバムのはず…なんですが、どうにも初期~中期の曲が入っていないのです。
  今のcapsuleが今の音楽にだけ固執するならこの曲順も頷けますが
  私はそれだけのcapsuleに対しては興味激減です。

・新世紀のラブソング(ASIAN KUNG-FU GENERATION)/09.12.02
 …あまり聞き込んでないのもありますが、今までとは違うアプローチという触れ込みだったので
  期待して聞いてみると、たしかに冒頭の出だしの歌い方がいつもとは違って「おっ」と思ったのに
  なんだ中盤からいつものアジカンだ、ということで。悪くはないんだけどTOP10には至らない。


という流れで、10位から4位~
カウントーダウン!




[10] traek /SCUDELIA ELECTRO (1999/03/03)
なんだお前は、10年間違えてるぞ、それは1999年だぞ、
いいえこれは…このアルバムは。
実はスクデリファンになった後から聴いていたのでもう数年間聞いているので今更すぎると自分で思うのですが、恥ずかしいことに今年になって運命的な曲と出会いました。
10曲目の「楽園」という曲。
この曲に時には震え時には幸せな気持ちになる歌詞に目を凝らすと寂しくなったり。
そういうわけで楽園の存在がかなり大きいのですが、他にも前から好きだった#4"Monday’s Been Killed By Yesterday "や#2"ミラージュ"なんかも、好きですねぇ、とか言ってたら、どの曲も好きになってしまいました。しかしここは2009年、1999年のアルバムに良い良いって言い続けるわけにもいかないので。殿堂入りです。

[9] Cold Edge /9mm Parabellum Bullet (2009/09/30)
まさかのシングルとしての登場ですが、9mmです。
実は9mmはコレの前にBlack Market Blues(以下BMB)というシングルを出してまして、色で言えばそっちは赤、こっちは青。BMBは何度もループ再生しまして、激しく掻き鳴らしたサウンドや間奏の怒涛の演奏にもわかるように、アツい曲ということがわかりました。
そして一方こちらのcoldegdeはタイトルからもわかるように熱さを抑えたように淡々と演奏して(アウトロで大暴れするんですが)、しかし演奏のテクニックは上手いんですね。
その結果、初期の9mmのような旋律が美しい曲となりました。しかも切ない。
9mm聞いてて切なくなれるって。その驚きが大きくて9位です。アルバム楽しみ。

[8] 空想ルンバ /大槻ケンヂと絶望少女達 (2008/01/23)
次もシングルなのですが、こちらも2008年の曲という、今更感がありますが。
私はこの曲で大槻ケンヂを知ったニワカ者なんですが、同主題歌の前の奴(人として~)よりもこの後出した奴(林檎もぎれ~)よりも何よりもコレなんです。誰が言おうと譲れない。なんだこの曲は、と。ものすごくアツくてものすごく切ない、
たった1曲でこんなに切なくなれるのか。
なぜか、と自分でもわからなくなり聴き続けてるとわかったのが、大槻ケンヂの存在。大槻ケンヂの歌唱力と言うのが、単に歌い上げるのではなく大げさに、それこそオペラのように大らかに歌っているような歌唱法なのですね。その結果、ロックサウンドが壮大な曲へと変貌を遂げた。だから私は、今もリピートし続けています。
そしてカップリングの「恋路ロマネスク」も凄い。
カップリングなのにシングルカットしてもいいぐらい良い。
切なくて切ないし切ない。そんな曲。カラオケでもお世話になってます。

[7] シャンブル /ユニコーン (2009/02/18)
ユニコーンだ!ユニコーンが帰ってきた。私もかなり前から奥田民生を愛聴しておりますのでそうなるとどうしてもユニコーンの存在は外せなく、
往年の名曲「働く男」「雪の降る街」「すばらしい日々」を敬愛していたのですが、
このシャンブルというアルバムは危ない。
何があぶないって、往年の名曲に並ぶほど良い曲が多いということ。
ユニコーンらしく、今回のアルバムでもやはりみんながボーカルを取ってるのですが、みんな良い声で。そしてさりげなくおっさん臭もして。
そんな中。そんな中です。
「HELLO」なんだこれは、なんだこの壮大なロックは。
最後の曲なのですが、ボーカルは奥田民生、作曲は阿部義晴。無敵の2人。
素直にロックで、演奏力とか歌唱力とか(備わってますけど)そういうのを度外視にして
素直に、「かっこいい」と思えるロックに出会えた気がします。
それぐらいこの曲の存在が大きかった。もし「WAO!」じゃなくて「HELLO」がシングルカットされてたら…と何度も思いましたが、
それはちょっと、ユニコーンにとって、荷が重い気がした。

[6] マボロシのシ /マボロシ (2009/03/25)
マボロシというのはHIPHOPとROCKを合わせたアーティストで、メンバーはMCのMumm-D(坂間大介)とギタリストの竹内朋康。そんな彼らが"活動休止"を前にして出した3枚目のアルバムなのですが、なんともこのアルバムカッコイイ。
2ndアルバムが愛や恋だのをメインにした結果、1stよりも評価を落として、私も実際イマイチな感じだったのですが、この3rdではマボロシが本領発揮。
コラボレーション曲としてそれぞれ3曲、さかいゆう・クリスタルケイ・椎名林檎を客演として呼んでいますが、それぞれ3曲とも素晴らしい。甲乙付けがたいぐらい様になってるんです。特に推すとすれば「記念日 feat.さかいゆう」。さかいゆうの声に痺れる。
あと単純にDがカッコイイ「ワンモアヴァース」「ヒーロー」も好きですね。あと竹内さんのラップは「味がある」とDがいっているように、なんだか煙ったい独特のフローが面白いです。
全体的にこれまでより洗練された感じのアルバム。また復活してほしい。

[5] JOURNEY /RIP SLYME (2009/06/10)
RIPとの出会いも相当古いのですが、このアルバムを聞いてすぐに感想のブログを書こう書こうと思っていたのに、なんと書けていなかったのです。しかしやっとここで書くことが出来る…と感動に打ち拉がれる暇もなく感想を。
このアルバム、これまでのどのRIPのアルバムよりも「あっさり」しています。
というのも、トラックが全て軽い(けど面白い)そして曲数もいつもより少ないせいか。
異様に、あっさりしていました。あと癒しという要素が強かったり。
"Journey"とか"Beauty focus"なんて旅のお供に、聞きたくなる。パスポート的な。
そしてトラック面では、オートチューンやシタールのソロを積極的に取り入れたり。
そういう今までのRIPとは違ったアプローチに気合を感じた。
全ての曲がテーマが統一されてて、通して聞きたくなる良いアルバムでございました。

[4] 心臓 /KREVA (2009/09/08)
実はKREVAの曲をシングル単位でならいくつか聞いたことがあるんですが、
アルバムを聞くのはこれが初めてです。RIPがいけるならKREVAもいけるだろうと
踏み込んでみたわけですが、聞いた感想としては…クオリティの高さに驚き。
全然いけます。RAPの巧者でありトラックメイカーであると実感。
あとコンセプトも面白くて、前半はメロウで愛だの恋だのについてラップ、
後半はKREVAの世界観たっぷりの、面白・カッコイイラップを披露。
こういう両局面でもラップができることをうまくアピールしてますね。
SKITとかレゲエ調だしっ。
前半は"tonight"がまさかの全編オートチューンというKREVAしか成しえない事をしてたり、後半は"ACE"から"この先どうなる?"まで本当にカッコイイ曲が目白押しだったり。
このアルバムのおかげで私はKREVAにドハマり。過去のアルバムも…そのうち聞こう

[3] LOVE YOUR LIFE /石田ショーキチ (2007/09/19)
ついに念願叶って聞くことができた、石田ショーキチのソロアルバム。やはり内容は石田ショーキチらしい、石田独特のメロディに、石田独特のハイトーンボイスを乗せたものですが、実はかなりロック。エレクトロよりも実はロック寄りです。
そして趣味全開。スターウォーズからビートルズ、往年の名曲のカバー、そして車。
そんな中ひときわ輝いてて想いが詰まったエレクトロニクスな名曲"Seth"が素敵。
歌いだしからサビまで全てが石田風。これだからショーキチはたまらない。
あとメロディが素敵な曲も"砂の城","You may be..."みたいに多く、全ての曲が普遍的に素敵で好き。そして所帯持ちになったせいかはしらないけど、とにかく優しさに満ちあふれたアルバムなんです。「君は誰かに愛されている」と華やかに歌ったり。亡くなってしまった盟友のギタリストを弔ったインストだったり。
そんな優しさと歌詞の世界観に、どこか共鳴したり。どこか感心させられたり。
とにかソロアルバム1枚目は、優しさに満ちあふれたステキなモノだったのです。

[2] 11 /スチャダラパー (2009/03/25)
マボロシのシと同日発売のアルバムでございますが。このアルバムは本当に凄い。何が凄いって、全ての曲が本当に捨て曲ナシで、曲順もベストで、トラックもSHINCOの才能がすさまじく煌めいてて、完成度で言えば過去の11枚のアルバムの中で一番ではないかと思わずにいられません。本当にもうこの人達はまったく…感動ものです。
ちなみにこのアルバム、従来のスチャダラパーのアルバムと比べたらファンなら気付くはずですが『明らかにふざけた感が少ない』のですね。メッセージを、直球で、ドストレートに伝えている。これはもはやスチャダラパーではないと危惧されたレビューも見ましたが、後にインタビューを見た時にびっくりしました
曰く、『直球だってこと自体が変化球』…
さすがに一筋縄ではいかないわけで、いつもと違ったことをしようとした結果、全てがストレートなメッセージになったんでしょう。それって、ずるい。
だって普通にカッコイイスチャがいつもよりマジメにやって、しかも今回トラックが全てかっこよくて、普通に良いアルバムになってるってずるい。
つまり、全曲の感想かいてたらまたすごく長くなるので、アルバム全体の感想までに。とりあえず「ライツカメラアクション」を聞いてもらえれば、わかると思われます。
あ、マジメマジメとは言っていますが、さりげな~く面白いことも、言ってますよ
「おげんこ~!」

[1] Mirror feat.Salyu /WISE (2008/07/23)
先に言います、すいません。1位なのにシングルです。しかも2008年です。
これにはもちろんワケがあって、2008年に1度だけPVを見ただけで、その時はなんともなくて。その後、WISEが今年出した「LOVE QUEST」というアルバムに収録されていて再び聞く機会があったのですが。気付いたのはその時。
言葉では確実に言い表せない何かを感じたのです。
おかげでMirrorに関する記事を2回も書いてしまった…それだけこの曲が好いてしまった理由は、Salyuの存在が大きい。
前の記事にも書きましたが、Salyuの声には力強さを感じる、
だからメッセージがとても伝わる。
「強く抱いて離さないで 君を苦しめて君を守る孤独を」
そんなサビが描くのは、心の中に映るもう一人の自分。
そしてそれを盛り上げてくれるのが、メインであるWISE。WISEのラップって若干鼻声なんですよね、だからトラックに相まってSalyuの声と相性ピッタリ。WISEのラップも、好きですよ。そうそう、トラックはピチカート・ファイヴからのサンプリングらしいです。
そんなわけでシングルが1位。この曲の歌詞を何度も見直して、そして自分の中にある"強がり"みたいなものに気付かされました。感謝を。



というわけで個人の感想をベラベラかかせていただきました、
私はもう満足なので今年を無事に終えられるので今ガキ使みているのですが

それにしても

来年も良い音楽に出会えますでしょうか。

それを願いながらそばmogmog.
mogmogmog.
  20:17  | MUSIC | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.1669|BM Genre : ブログ > 日常雑感
 
 
 
 

 
 
あるアーティスト(まあ石田さんなんですけど)は、
2007年にフルアルバムを出すまで、アーティストとしてあることに悩んでいた。

曲を作る理由

アルバムを出すことに疑問を持っていた石田氏

以下、石田氏の日記より抜粋
http://scudelia.net/diary/show/390

この曲が出来るまで、39歳のいい年したオッサンがソロデビューなんてして、いったい何を歌ったらいいのか、別に俺なんかが歌わなくたって世の中なんも変りゃしねえじゃんか、とかなんとか、実に悩んでおりました。

この年になって、改めてソロアルバムを作るって時に、やっぱりこの「歌を歌う意味」っていうテーマにぶち当たりました。すごい悩みました。悩んじゃって全然書けませんでした。

この「LOVE YOUR LIFE」という曲が書けた時、ようやく自分がこの酷い時代の酷い国で歌をリリースする意味が生まれました。人は皆、少なからず誰かに愛されて存在している。それに気づき、喜んでいこう、どうせこんな時代だと言った所で明日は必ずやってきてしまう、だったら笑って喜んで生きていかなきゃ損じゃじゃないか。

お前の人生も捨てたもんじゃないぜ。もっと自分を褒めてやっていいんだぜ。LOVE YOUR LIFE。
今作の方針の起点になった曲です。

これは、「love your life」の表題曲が出来上がるまでの話。
音楽を作る意味とは何なのだろう、私は音楽を通じて何をすればいいのだろうと
石田氏が考えた結果は、音楽を通じて人にメッセージを伝えたい、ということ。
そしてそのメッセージは、『人は皆愛されている』という深く、意味のあるもの。
今までのScudeliaの楽曲には、そういうことは(あまり)なく、
とにかく音楽として様々なバリエーション(失恋・車・抒情的・とにかく明るい・変な曲)
色々作り上げてきた石田氏の行き着いた先。
>悩んじゃって全然書けませんでした。
とこうなることも頷ける、しかしいざ曲を聴くとただ、ただ素晴らしい。
「人は愛されている」そのことが当たり前なのに、
日々を世知辛く生きていくとそのことを忘れてしまう、
しかしこの曲を聴いて、再びそのことを再確認できた。
こんなに嬉しいことはないよ他に。

私は音楽というものは突き詰めていくと、個人の表現場所なんだと思う。
人は何かしらを発信したいがために活動を続けるのだから
それが動機でもあり、活動する理由でもあり続けるんじゃないかっ。
感情やメッセージ、ノリやサウンドの自己啓示。
それだけでも意味があると思いますよ、石田さん。
あ、石田氏はもうそういうレベルを、超えてしまったんだろうか…?



ついでに。もうひとつ抜粋。
http://scudelia.net/diary/show/260
音楽というのはとても人(の心)に影響を与える文化で、そこに載せる言葉というのもさらに大きな広がりを持つ世界である。僕ら日本人は単一の言語の中に住んでいて気づかないことが多いが、世界は広く、学ぶべきことはとても多い。学ぶか学ばぬかは個人の自由だが、目の前に疑問が存在した時、それはなぜだろう?と常に自分で考えようとする姿勢がある人とない人とでは、人格の成長に著しく差が出る。
改行してなかったのですが簡潔に書くと、音楽はどんな曲でさえ心に残るものは心に残る。
そして曲中に出てくる言葉のように、世界には色々なことがある。
そのことに疑問をもち、調べようとする姿勢があるなら、人格も良い方向へ行くでしょう。

というもの。

つまり

「静岡おでんてなんですか?」なんて簡単にメールしてくんな(笑)。ネットで調べれば3秒で答えが出るだろ。


ググれってことだなっ!
  23:11  | MUSIC | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.1489|BM Genre : ブログ > ちょっと聞いて
 
 
 
 

 
 

I saw the light.


─ 光を、見つけた。

そんなアルバムだった。という感想。

love your life


■スカイウォーカーチルドレン
「ジェダイになりたかったんだ…」
■Love your life
「愛されている 君は確かに 愛されているから」
■Seth
「色鮮やかに舞って、光豊かに散って…」
■Home way
「I way to home, to home, to home....」

そんな歌詞がでてくるように、
石田さんのパーソナルヒストリーを聞いているかのような
そんな、"心温まる"世界観を見せつける一面、

■ブラックバード
■You may be...
■Slow ride
といった、ELECTROCKS然りの、
ギターが唸る"心揺さぶる"サウンドを見せつける一面、
■I saw the light.
往年の名曲をカバーしちゃったり。

そんな二面性を感じ取った、アルバム。

FINALIZER(Scudelia Electro解散ライヴ)時に、
石田ショーキチが、これからもソロ活動は続けていきたいという発言をした矢先
「でもネタ切れなんだよなぁ…」
と、思わず本音。
しかし出たアルバムは、マスターピースであった。

このアルバムは、ELECTROCKSに似ている。
雰囲気も似ていれば、
インタールードの侘び寂びというか、静けさも似ていた。
以前石田ショーキチのソロインタビューページをみてたら、
「5er!あたりから、作風が変わってきた」
と言っていたように、確かに5er!からは、
”安定した上手さ・メロディ”が多かった気がしたし、
まあだからこそ、ELECTROCKSは全ての曲が耳に残ってくれたわけだけど、
そんな中でこのアルバムは、SEの頃では表現できなかった、
石田ショーキチの出したいサウンドと、歌いたい歌詞がいっぺんに襲いかかってきた。
「なんだ、全然ネタギレじゃないじゃない」


聞いて良かったと思えるアルバムに
出会えて良かったと。






最後に。
Yes I will...に引き続き、
You may be...にて追悼を捧げられたzoe.さんのご冥福をお祈りします。








そんな10月7日。
奇跡は、起きる。
  21:35  | MUSIC | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.1357|BM Genre : ブログ > ブログ日記
 
 
 
 

 
 
念願叶って。

ついに、聴くことができました。

000255.jpg
(デスクトップ画面)

即プレイリスト。
即視聴。






どんな最新アルバムより嬉しい。
どんな過去アルバムより嬉しい。

そんな
「love your life」

去年の5月から聴きたかったアルバム
堪能せねばなるまい。


果たして、「ELECTROCKS」を超えるハートフルな作品となっているのか、
amazonのレビューを見る限り、ワクワクがとまらないのですが
それは、そのことについては、
聴き続けて聴き続けて聴き続けて
折り入って報告を入れさせていただきます。



HAPPY!!
  14:42  | MUSIC | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.1349|BM Genre : ブログ > ちょっと聞いて
 
 
 
プロフィール
 
みなジェネ」公開中!
完成度:68%
 
 
 
 
 
 
アーカイブ
 
04 | 2024/05 | 06
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのた
 
← TO MOBILE SITE
ヤンガス
ふかふか同盟

DQ1推進委員会
 
 
 

エントリーのRSS
コメントのRSS
トラックバックのRSS
ページランク
Powered By FC2ブログ

 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
FC2 Management