いつか復活するぜ!
 
 
 
 
 
 

 
 
夜、風呂に入ろうと思ったら
洗面所の電気が切れていた
ということを明るいうちに知っていたのに
ズルズルと風呂に入る時間を延ばしていって
気付いたら入ったのは深夜。

深夜に、明かりの切れた、洗面所へ、
向かうと、なんだか鏡の向こうが。

鏡の中の向こうがわが気になって。
ソワソワするのは、いつになっても変わらないんでしょうか。
幼心がまだ消え去ってくれていないんでしょうか。



そういう、小さな恐怖心は
実は深く、深く、奥底に眠り続けていたりします。

”恐怖”というのは、
日常ではない非日常での出来事を
恐怖と感じることができるのではないでしょうか。
たとえそれが、明かりの1つや2つがなかったこととしても。


極端な話。
自宅の階段を登って、
いざ自分の部屋のドアを開けてみたら
そこにはタテ、ヨコ、ナナメ、部屋の全てに
人の顔が埋まっていたり。
”生首”ではなく、あくまで人の顔で埋まっていたり。

そういう妄想を、
さっきのような、ちょっとした”恐怖”を感じたときに
ふと、頭に入ってしまうのです。




だから、恐怖を起こさないためには
夜中なら、鏡を
目覚めたときなら、自我を
しっかり確かめて
”本当にそこには何もない”
ということを理解する必要があります。



私みたいな人には。

しっかりみてね。
  05:49  | ネタ | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.1352|BM Genre : ブログ > ちょっと聞いて
 
 
 
Comment
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
みなジェネ」公開中!
完成度:68%
 
 
 
 
 
 
アーカイブ
 
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのた
 
← TO MOBILE SITE
ヤンガス
ふかふか同盟

DQ1推進委員会
 
 
 

エントリーのRSS
コメントのRSS
トラックバックのRSS
ページランク
Powered By FC2ブログ