いつか復活するぜ!
 
 
 
 
 
 

 
 
冬深し。

<< 前回 #109 名作ついに…「ゼルダの伝説 時のオカリナ」

ゲームセンターCX #110
名作完結!?「ゼルダの伝説 時のオカリナ」

12/9(木) 22:00~23:00

時のオカリナ完結編。
寝る前に書いてなかったなって気付きまして。ついったーではぼちぼち書いてたんですけど。
とりあえずざっくばらんに言うと、未プレイの身から見ると「面倒くさそうな謎解きゲーム」にしか見えませんでした。
この番組はゲームのストーリーよりも「有野のプレイ」を重視していますからわかります。
しかし、今回はその傾向が視聴者の意向を「通り越した」ものになったのではないかと、
110回目にしてやっと思いました。(これまでも「それはちょっと・・」という演出が多々ありましたが)

つまり是が非でもクリアしたいからと言って、ADにやれるとこまでやらせてストーリーもカットして、その上でのクリアしましたー!は望んでないということ

ここらへんで番組の意向と自分の期待がズレました。

後半でもやりたかった流鏑馬ができずがっかりな有野。私もちょっと観たかったです。
しかし前半で既にADが先に進めておく珍事があったので私も有野も、ストーリーは蔑ろになった気がする。
そんなこんなで結局後半はADの助けもありクリアできました。ほんとに要所要所ばかりですけど。
課長のプレイがたまに盛り上がってたし(ガノンドロフ戦はアツい!)、見ててハラハラな一面も。
でも今回よくみたら、冒頭の闇の神殿(?)以降、まるでボスラッシュかのような映像ばかり。
それも64というボリュームと有野課長の相変わらずなヘタウマorウマヘタプレイによるもの。
それが持ち味。持ち味ですけど…時間が足りなかったのもわかりますけど…やはり腑に落ちない方もいそう。
特にプレイ済の方でゲームのほうが観たかった!って人にとっては更に。

そういえば去年の24時間生放送も感動の放送終了10分前クリア!にみえて、
実は終盤の2,3ステージはADの攻略ビデオを見ながらのプレイだったり。

有野課長、別に全敗するシーズンがあっても、いいと思うんだけどなあ。



「キャッチコピーをつかまえて…。」は変なキャッチコピーの連続。
IIだねぇ。こういう洒落たダジャレのキャッチコピーが、今足りない気がする。

「1991」はなんだっけ…(ファミコン最後の)ジャジャ丸くんとか、そこらへんでした。






でも今回は井上ディレクターだったんで
大目に見ることにします。井上は、愛されてますから。
衝撃映像MAXとかいう、スベるの前提な企画も、がんばってやってくれました。
それに「ファン感謝デー」「ぼくってウパ」でのナイスサポートも、まだ脳裏に残っていますし!







あれ、片山くん・・・?
  00:06  | げーむばっか | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.2171|BM Genre : ブログ > 独り言
 
 
 
Comment
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
みなジェネ」公開中!
完成度:68%
 
 
 
 
 
 
アーカイブ
 
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのた
 
← TO MOBILE SITE
ヤンガス
ふかふか同盟

DQ1推進委員会
 
 
 

エントリーのRSS
コメントのRSS
トラックバックのRSS
ページランク
Powered By FC2ブログ