布袋寅泰 / IDENTITYより

んでみんな他人ばかり
気にして生きてるんだろう


この歌詞、たまらないなあ
いたって普通の歌詞なんだけど、歌い方が好き。
最後の「だろう!」のところに感情が篭ってて
その問いかけるような熱い歌い方にロックを感じたぜ!



ってのはまあ前置きで
今日は別に布袋さんのことを語る記事じゃありません
というか布袋さんは別に「アニキ」なキャラじゃありません
昔は「SUPERSONIG GENERATION」ってアルバムを出して、"そういうファン"をふるいにかけたりしてたし。

で、結局その歌詞の意味。
他人の目を気にして生きていくこと、に果たして確かな意味はあるんだろうか。
私が常々思ってるのは

自分の価値は
自分が思ってるよりは無い
ということ
例えどれだけ自分を卑下しても
自分は自分が思ってるより、価値はない。
家族や友達に愛されてる、なんてものは、価値には入らない。
なぜなら自分の価値は全ての人類の中において決まるから。
が、比較対象を絞っていったとき、それは国内・都内県内・区内市内・町内村内と…
結局自分の価値は"まわり"との比較をしたとき、はじめて分かる


ってそんな価値
ほしくないです

だからもう、最近は着ていくものや生活環境、
自分自身に対しても、どうでもよくなってます
逆に言えば自分のやりたいようにやれる確信をもてたってことでもあるんですけど
私はそういう生き方を、提案してみます。

この生き方をみんながみんなやれば
楽しいのかも、しれないなあ、たぶんなあ。


あ、もちろん
決められたルールの範囲内、なんだよ
  23:59  | ネタ | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.2799|BM Genre : ブログ > つぶやき
 
 
 
Comment
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
みなジェネ」公開中!
完成度:68%
 
 
 
 
 
 
アーカイブ
 
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのた
 
← TO MOBILE SITE
ヤンガス
ふかふか同盟

DQ1推進委員会
 
 
 

エントリーのRSS
コメントのRSS
トラックバックのRSS
ページランク
Powered By FC2ブログ