いつか復活するぜ!
 
 
 
 
 
 

 
 
「俺は でかい夢なら笑わない
それが 本気かどうか試さない
それは 誰であろうが変わらない 自分自身が燃えなきゃ叶わない
俺は 望む事なら諦めない 
それは 思うままに生きる為に 
それは 全て無駄にしない為に 
それは 腹の底から笑う為に」 - S-WORD

たまらんね。
こういう歌詞みるたびにグッとくるものがある。叙情的。

歌詞ってのは、
アーティストが何かを伝えたいっていう気持ちをこめて書く歌詞と
聞き手側へ自分なりに解釈させようと書く歌詞の2つがあると思う。
これなら後者かな。

例えば、ベンチャー企業を興そうと奮起してる、20代のリーマンがいるなら
「俺はちゃんと企業を興せるだろうか・・・なにも、なにもわからない。
 が、あの歌にあったように、諦めたらそりゃ何もかも叶わないはずだ、
 それなら本気出して自分自身燃えていかなきゃ・・そして勝って笑おう!」
とこう解釈しちゃうわけです。
\うんうん、あるよねー/

むしろアーティストが伝えたいことを伝えるために書いた詩ってのは
必ずテーマが限られてくるわけで、
”反戦”とか”愛情”とか”友情”、果ては”牛肉のほうがおいしい”とか”山崎が一番なんだ”とかいろいろあったと思います。
そういう歌詞の中に、【引きずりこまれていく】のもまた面白いなあと。

だからといって、歌詞に必ずしも意味があってほしい、ってわけでもないです。
中には「意味のない歌詞なんていらない」て人も多いとおもいます。いやむしろ多数派か
それでも音楽として見ると、実は歌詞は飾り。という考えもありますから。

「ヨーグルトの中は 菌が生きていて
菌と呼ばれながら きっと今日も 腸をキレイにして」
こんな歌詞があります。
もうわけがわからないですよね。
でも、実はこれ、さっき言ってた「聞き手側へ自分なりに解釈させようと書く歌詞」に入っちゃうんです。

無理矢理な気もしますが
「ああ、ヨーグルトの中の菌って、いつもすっげえ頑張ってるんだな
 なのに俺はヨーグルトにすら追いつけてない。だめじゃないか、自分!
 もっと頑張ろう!やる気だせ!」
みたいな感じに、なることもあります。

ぼかぁといえば、歌詞を”楽しんでる”んでよほど濃い歌詞じゃない限りは、歌詞と音の両方の調和を楽しんでるんですが、
あくまで参考までにっ
  12:51  | MUSIC | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.641|BM Genre : ブログ > 雑記
 
 
 
Comment
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
みなジェネ」公開中!
完成度:68%
 
 
 
 
 
 
アーカイブ
 
01 | 2024/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのた
 
← TO MOBILE SITE
ヤンガス
ふかふか同盟

DQ1推進委員会
 
 
 

エントリーのRSS
コメントのRSS
トラックバックのRSS
ページランク
Powered By FC2ブログ