いつか復活するぜ!
 
 
 
 
 
 

 
 
帰り道に、碌に立ち寄る店もない(というか、すべて市街地にある)のですが、
そんな中で頻繁に行きたくなるのが古本屋。
このブログでもよくでてくる商店街の古本屋や、古本市場など、
とにかく古本屋は大好き。
だってそんなの、立ち読みするからに決まってる。
あるいは、中古のマンガや小説を一気に買ったり。安くすむ。


そんな古本屋の大手といえば、BOOK OFF
近所にあったのは潰されて、今ではどこにあるのかわかりません。
そのBOOK OFFの株式を講談社・小学館・集英社の三社が取得するというニュースが。

講談社・小学館・集英社が新古書チェーン店「ブックオフ(BOOKOFF)」の株式を取得」(gigazine)

こういうのを見ると、大方の人は
「ただでさえ不況やインターネットによる本の流出とかで売上が落ち込んでるのに、BOOK OFFとかが古本を売るせいでよけに売り上げが不振になる、だからBOOK OFFの株式を買い占めて言いくるめてやろう」
とかを安易に想像できますね。

現に、リンク先のBOOK OFFの売上を見ればわかるとおり、年々売り上げが伸びてます。
出版側にとっては脅威以外の何物でもないはず。

そうなるならそうなるでいいとして、
古本屋自体を禁ずることは現在の法律ではできないので
なんとか、”出版側も古本屋側も得をする方法”を考えてもらわなきゃ。だわさ。

いっそのこと本すべてにビニールをかけても・・・
あ、立ち読みできない。
ぐぬぬ・・・。
  12:54  | そうだね | Comment:0 | Trackback:0 | Top
No.957|BM Genre : ブログ > どーでもいいこと。
 
 
 
Comment
 
 
 
 
 
 
 
Trackback
 
 
 
 
 
 
プロフィール
 
みなジェネ」公開中!
完成度:68%
 
 
 
 
 
 
アーカイブ
 
03 | 2024/04 | 05
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
ブログ内検索
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
そのた
 
← TO MOBILE SITE
ヤンガス
ふかふか同盟

DQ1推進委員会
 
 
 

エントリーのRSS
コメントのRSS
トラックバックのRSS
ページランク
Powered By FC2ブログ